スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FixedAllocator その2

固定サイズアロケータその2。
その1の最大の制限である「初期化時に指定した個数以上の確保ができない」を、動的なメモリ確保によって克服したバージョン。

その1並に速く、OSからのメモリ確保に失敗しない限りは確保し続けられるというメリットがある反面、常にピーク時のメモリを使用し続けるという嬉しくない仕様になっている。
この仕様はメモリが無尽蔵にあるPC環境では、対したデメリットにはならないがメモリが少なく使いまわしが前提となる環境では大きいデメリットになる。

Effecient C++ の MemoryPool と同じ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
ユーザータグ

ICPC 2009 国内予選 ゲームプログラミング 

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。