スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタックアロケータ

某ゲームプログラミング本からスタックアロケータ。読んで字の如くスタック状にメモリを割り当てるアロケータ。
通常の解放操作が出来ず、全メモリを解放orある時点での状態に戻す、のどちらかでしかメモリを解放できない。

ゲームプログラミングでは、あるフレームで確保されたオブジェクトがそのフレームでしか使われない、なんてことがよく(?)ある。そういうときに使う。別にフレームじゃなくても、同様(オブジェクトの生存期間が決めうち)の制約がかけられるなら何でも可。

最大の特徴は速いことと、メモリのオーバーヘッドがないこと。
確保は単純なフリーリスト並で、解放はもっと速い。
殆どのアロケータは、1つの確保に付き4byte程度のオーバーへッドが付くけれど、このアロケータはそれがない。

スポンサーサイト
検索フォーム
ユーザータグ

ICPC 2009 国内予選 ゲームプログラミング 

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。